お客様の声

お客様の声

弊社が納入させて頂いた栽培システムの納入実績と、平成26年7月より販売させて頂いている3波長型ワイドバンドLEDをご利用頂いているお客様からの評価結果などをご紹介させて頂きます。

ご興味をお持ち頂ければ、お気軽にご連絡を頂けると幸いです。

A 社 様 (奈良県)

B 社 様 (滋賀県)

C 社 様 (岐阜県)

D 社 様 (愛媛県)

E 社 様 (兵庫県)

F 社 様 (福井県)

G 社 様 (宮城県)

H 社 様

これまでHf蛍光管を主に使用してきましたが、メンテナンス及び、ランニングコストの観点から、LED光源を視野に入れ、従来のHf蛍光灯、他社LED(青・赤の単波長)、3波長型ワイドバンドLED蛍光管での栽培比較を実施した結果、収量や形状が他光源に比べ優秀でした、また味にも特徴があり、作物の甘味を感じたのが印象的でした。

I 社 様

長年、Hf蛍光灯を用いて育苗及び、組織培養をおこなってきましたが、省エネの観点から、LED光源を検討し、他社光源も含め評価をおこないました、3波長型ワイドバンドLEDは、他光源との生育差に引けを取らないは勿論のこと、何より光源直下でも植物の品質(緑色)がしっかりと確認することができ、作業環境が改善しました。

J 社 様

他社LED(青・赤の単波長)と3波長型ワイドバンドLEDの栽培比較をおこなった結果、成長差は、他社光源の約倍の収量が可能になりました、また味に関しても、これまで「苦くないね」と話していたレタスに比べ甘味が多く、微妙な波長差で、これほど美味しくなる結果に驚きました。

K 社 様

日産収量3,000株規模の植物工場にて赤青LED+Hf蛍光灯を利用しておりましたが、メンテナンス性やアフターサービスの観点から他光源への入替えを検討し、数社のLEDにて評価試験をおこないました。
最終的に3波長型ワイドバンドLEDの採用を決定しました、選定の理由として価格は当然ですが、生育と味の良さ(甘味)が決め手となりました。

L 社 様

植物栽培の実験で、青赤のLEDと3波長を比較したところ、省エネの改善が30%であるのに、成長速さも30%程度良く、非常に効率が良いことが実証されました。
規模を3倍にした計画を立てています。

M 社 様

日産300株での完全閉鎖型植物工場にて、擬似白色LEDを利用していましたが、導入前の電量試算と実際の電量に大きな差異があり、1本あたり23Wの3波長型ワイドバンドLEDにて栽培比較をおこなったところ、既設光源に比べ約200%増の収量結果となりました。
また、灯具の取付方法も容易で、照明器具が不要なので省スペースで作業効率も非常に良い事が実証されました。
既設光源からエリア毎に3波長型ワイドバンドLEDへの入替えを計画しております。

N 社 様

最大8,000株/日の規模にて、Hf蛍光灯を利用しておりますが、メンテナンス作業と作業効率(栽培区画の有効スペース)、発熱と空調の観点からLEDへの入替えを検討しております。
現状は3波長型ワイドバンドLEDで比較試験を実施している段階ではありますが、既に省エネの改善が50%、成長速さも30%程度UPを見込んでおります。